最新情報・トピックス
Topics

事業部新設のお知らせ

営繕事業部(Building and Repairs Unit)

このたび弊社では、お客様のニーズに応えるべく新たに営繕事業部を開設させて頂きました。 震災や事故がある度に「持ち主責任・賃借人の責任・管理の責任」等責任を問われる事例が後を絶たない状況となっております。 しかしながら、未だ合法化に及ばない物件も多々あるのが現状で御座います。

この度の大震災についての共通事項を例にしたものを検証すると、東京は天井が落ちて死者も出てしまいました、 弊社が震災復旧の中でも天井の落下、一部損壊した現場が相当数御座いました。 ここで共通している事は倉庫内に事務所等を造作した時の工法によるものでした。 しかし、今回のような大震災においては残念ながら従来の工法では事故につながると言う結果に なってしまいました。 このような重大な事態を回避するには最低限の補強や工法の変更により防止する事も可能です。

そこで弊社では、最低限の法規制を守り今後起こりうる可能性の高い地震等にも強い施工を御提案 させて頂きながら、同時にローコストを念頭に置きお客様の安全、資産を守れるような キメの細かい工事を心掛けて行きたいと考えております。

近年はファンド物件の大型施設の遵法化に伴う改修工事やバリューアップ工事、 入居テナント様のクレーム対応工事を中心に施工して参りましたが、 弊社グループ会社の強化を図る事が可能な今、 再度基本に戻り創業から培ってきた営繕工事で倉庫オーナー様、テナント様に貢献したく「営繕事業部」を発足させ、 来る7月1日より営業を開始する運びとなりました。 引き続き、皆様にご教示、ご指導を頂戴いただけましたら幸いに存じます。

震災関連トピックス

熊本震災において義援金支援により「東京上野東ライオンズクラブ様」より感謝状を頂きました。

東日本大震災による大型物流施設緊急対応工事及び復旧工事において「AMBジャパンインク様」より感謝状を頂きました。